治療が難しい肝斑

肝斑は一度できてしまうと治療が難しいとされています。しかし治療する方法や予防する対策があります。諦めずに大阪の美容クリニックで相談を受けてみてはどうでしょうか。

肝斑について

女性

左右対称に現れるシミ

肝斑とは頬のあたりに現れることが多い左右対称に同じような大きさや形でできるシミのことです。ぼやけたような輪郭がはっきりとしないように広がることが多いです。

女性ホルモンが原因

肝斑は女性ホルモンのバランスが崩れることが原因でできると言われています。精神的なストレスや妊娠、経口避妊薬を服用すると女性ホルモンのバランスに影響が出てしまい、肝斑ができやすいとされています。

飲み薬で改善できる

肝斑は飲み薬によって改善できます。トラネキサム酸が主成分になっている薬を服用することで、肝斑を治療できることが確認されています。美容クリニックで相談してみましょう。

症状の悪化を防ぐために

女性ホルモンによる原因でシミとして出てくる肝斑ですが、紫外線によって症状が悪化する危険性があります。症状の悪化や再発を防ぐために、生活習慣を改善してホルモンバランスを整え、紫外線への対策を欠かさないようにしましょう。

広告募集中