目のクマの種類

レディ

なぜ目のクマができるのか

目の周りにはたくさんの毛細血管があります。その毛細血管は目に栄養や酸素を運ぶ役割があります。この血管のクッションの役割で支えているのがまぶたです。まぶた刺激に弱いので何らかの原因でまぶたに影響が出てしまいそれが目のクマになります。

茶色い目のクマ

茶色い目のクマの原因は色素沈着によるものです。紫外線のダメージや目をこすり過ぎることで色素沈着を起こしてしまいます。化粧の落とし忘れやかぶれが原因になることもあります。日々のケアやクリニックの処方薬が解消に繋がります。また、どうしても気になる場合であれば美容クリニックでのレーザー治療で解消することも可能です。

青い目のクマ

まぶたの近くには毛細血管がたくさんあります。その血液が滞るとまぶたから血管が透けて見えて青い目のクマができてしまいます。眼精疲労やストレスなど生活習慣による原因が考えられます。マッサージやホットパックなどで対処することが可能です。漢方薬などをクリニックで処方してもらうことも解消の近道になります。

黒いクマ

黒グマは目の下の脂肪が少ないことによって影ができる場合と、目の下の筋肉が衰えてたるみとへこみが生じる場合の二つの原因でできます。メイクなどで隠すのが難しい非常に厄介なクマです。美容クリニックでヒアルロン酸を注入してへこみを無くす方法や眼窩脂肪を取る方法などで解消することができます。気になるようであれば美容クリニックに相談しましょう。

何かの病気のサインかも

目のクマは、上記に記載したことが主な原因になりますが、何かの病気のサインである場合もあります。ずっと治らないクマがある場合や気になる場合は早めに医師のもと指導を受けるようにしましょう。

広告募集中